2-1.さくらのVPS(CentOS7)+Railsの環境を構築する

今回は、下記環境を設定しました。
※ちなみにdotinstallはCentOS6なので若干コマンド違いました。
※近くに有識者がいる人であれば、AWSでいいと思います。1年間無料。

 

【メイン】
Mac OS X
さくらのVPS + CentOS7
(さくらのVPSなら初期費用2000円、月1000円くらいです)
Ruby 2.3.1
Ruby on Rails 4.2.1
Git 

 

【おまけ】
CyberDuck
sublime text3
Postman
Pry 

 

順番あまり覚えていないので、
ざっくりメモしておきます。

 

あまりに初心者で
さくらインターネットの画面がよくわからなかったのですが
ログイン→契約情報→契約サービスの設定→サーバー設定
でコントロールパネルにいけます。

 

まずはサーバを起動し、OSをインストールします。
右上の各種設定→OSインストール→カスタムOSインストー

→CentOS7を選択すれば、CentOS7がインストールできます。

 

OSをインストールした後、自分のPCのコンソールで
このサーバをいじれるようにします。

rootでログイン。IPアドレスが必要です。

ssh root@111.11.111.11(メールに記載のアドレスで)

yes/noと聞かれるのでyesと答え、メールに記載されているパスワードを入力します。

 

次はおきまりらしいのでこれを打ちます。

yum update 

ユーザーを追加します。ユーザー名は自分で決めて大丈夫です。

useradd ユーザー名(ローマ字)

パスワード設定します。

passwd ユーザー名

任意のパスワード入力ください。セキュリティ上緩ければエラー出ます。

usermod -G wheel ユーザー名

これで権限が普通のユーザーでも付与されます。

 

 長くなって来たので続きはまた今度。

 

■OSを再インストールしたときにログイン出来ない


さくらのVPSは便利なOSの再インストール機能があるのですが、

そのままログインしようとするとこのように怒られます。

@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that a host key has just been changed.
The fingerprint for the ECDSA key sent by the remote host is
SHA256:w4x+ws3hHVyDCfKnkodTxM14W4/TMCgNuGOWx8C/PeM.
Please contact your system administrator.

 

情報を消す必要があるので、

$ ssh-keygen -R 100.100.100.100

入力後ログインします

$ ssh@100.100.100.100

パスワードを入力すればログインできました。
SAKURA Internet [Virtual Private Server SERVICE]